未成年は現金化できる?カードの作り方から現金化以外の金策まで大公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お金を作って海外旅行する未成年者

未成年者がお金やカードを作れるの?

未成年でもクレジットカードの作成は可能

未成年者でもクレジットカード自体の発行は可能です。
しかし、たいていのクレジットカードは高校生を除く18歳以上の年齢と親権者の同意が必要になってきますし、親の収入などで審査されることになります。
また、キャッシングについては、未成年者の場合は、枠設定がないといったこともあります。

家族カード

親名義のクレジットカードのサブカードとして、未成年者名義の家族カードを作ることができます。
しかし、高校生ならば、海外留学などで使う予定者のみ、あとは高校生を除く学生ならばOKというカード会社が多く、高校生や中学生の家族カードを申し込めるのは稀なようです。
家族カードの支払いなどはメインのクレジットカード(親名義)のものからされることになります。
家族カードでの現金化の利用は、未成年者ではなくても(成人の専業主婦などでも)、名義人に支払い時にバレてしまう可能性が高いです。

学生カード

その名の通り、大学生や専門学生などの学生専用のクレジットカードのことです。(高校生は不可となることが多いです。)
審査の対象は親で、親権者の同意によって申し込みできます。
ショッピング枠は少額で設定されるので、子供の無駄遣いが心配な親御さんも持たせやすいです。

未成年者の現金化の利用は厳しい

未成年者はクレジットカードを所有することができても、現金化の利用してお金を得ることは難しいとされています。
万が一、できたとしても成人でも一歩間違えると借金地獄に陥ってしまうリスクがありますので、あまりおすすめはしません。
未成年者の現金化利用が、厳しい理由などをみていきます。

未成年者は親の同意が必要になる

未成年者の場合は、金券ショップを使った買取式の現金化などでは、まず身分証明書の提示を求められますし、そのうえで未成年者であることが判明すれば、ほとんどのお店では親権者と一緒に来店してもらうか、同意書のようなものが必要になってきます。
そこには古物商営業に関する法律問題もかかわってきますので、ある意味同意なく売買できてしまう方が、偽物を摑まされているなど怪しい可能性が高いです。

優良業者なら未成年者は受け付けない

一般的な現金化業者ならば、クレジットカードを持っていたとしても、成人ではないと現金化は受け付けていません。
それは、ほかの銀行ローンや消費者金融でも同じかと思われます。
逆に未成年者でもOKという業者の方が、詐欺などのトラブルが発生する可能性も高く、そのうえで親権者に多大な迷惑がかかってしまうことが想定されます。
どうしてもお金が必要な場合は、別の方法を考えるということになるのですが、未成年者である以上は、親権者の同意が必要なケースが多いですし、隠し通すことも難しいので、まずは家族へ相談してみましょう。

未成年者がお金を作る5つの方法

アルバイト

高校生ならば、ファミリーレストランや各種販売店、スーパーマーケット、コンビニなどで働くことも可能です。
すぐにお金が必要な場合は、土日に単発でできる日雇いのものもあります。
学校によっては、禁止されているところや、許可が必要なこともあるので気をつけましょう。

家族や友人に借りる

親、兄弟、祖父母、友人など、事情を話してお金をもらう、もしくは借りるという方法です。
使い道が本人にとって必要なものと認められれば、お金を借りることは可能だと思います。

クレジットカード

未成年者の場合は、キャッシング枠がついていないこともありますが、使いたい事情が引っ越し先で家電がほしいなどの事情ならば、クレジットカードで買い物をすれば、現金がその時になくてもできます。
支払いは翌月払いなので、奨学金やバイト代、親に支払ってもらうなど返済方法があるうえで使いましょう。

物を売る

必要のない、漫画やゲーム、家電製品、服などをリサイクルショップやオークション、各種専門店で売るという方法です。
ヤフオクなども高校生以上でしたら利用可能となっています。
店舗型のお店でしたら、保護者の同意が必要になることがあるので、親と一緒に行った方がよいでしょう。

ポイントサイトで稼ぐ

ネット上には、アンケートに答える、資料請求の申し込みをする、ゲームをするなどでポイントがたまるポイントサイトというものがあります。
すぐに現金を作るということは難しいかもしれませんが、時間をかけてお小遣い稼ぎをしたいという未成年者の方は、未成年者でも利用可能なサイトも多いのでチェックしてみるとよいでしょう。
ただし、迷惑メールがたくさん届く、詐欺サイトに引っ掛かるというケースもあるので気をつけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*