クレジットカード現金化の基本を抑えよう!

お金がない、でもどうしても必要という時、あなたはどうしていますか?
友人にお金を借りますか? 友人関係はお金から崩れることが多いものです。そんな大切なものを失うリスクをおかしてでも借りますか。
それとも家族にお金を借りますか? 身内に迷惑をかけるだけでダメージは友人と比べると少ないです。でも「借り」を作ってしまうと今後色々恩返ししなくてはいけませんよね。またプライドもありますし、そもそもお金を借りれるような関係性を築けていないかもしれません。
消費者金融に借りますか? 手続きが面倒ですよね。審査が通るかもわからないですし。

そんな諸々の面倒なくお金を借りれる方法が実はあるんです。夢のようでしょう! その名も「クレジットカード現金化」です。
ん? クレジットなのに現金にするの? それって犯罪じゃない? ご安心ください。この記事を読んでしっかりと利用上の注意を心得れば誰でも利用できます。
それではクレジットカード現金化について見ていきましょう。

クレジットカード現金化ってなに?

このフレーズに聞き覚えのない方はぶっちゃけ不安かもしれませんが、誰でも簡単に利用できるのがこのクレジットカード現金化なのです。

カードでの買い物にキャッシュバックで換金

具体的には「現金化業者」と呼ばれる業者がキャッシュバック特典付き商品(例えば商品券とか)と現金を交換してくれる、という換金するシステムです。指定した商品を利用者がクレジットカードで購入し、その購入金額に応じて業者がキャッシュバック。利用者は業者がその購入金額より低い金額で買い取ることで現金を受け取れ、業者側はその購入金額と買取金額の差額が利益になる。
そこでその現金の還元率について注意してほしいのが、その業者各社によって多少還元率が異なるという点だ。商品は一定の還元率が保証されているので、そこで還元率が高い業者を利用することによって行って額の現金を手に入れることができる。
例えば、10000円の商品を還元率90%で購入したとすると、9000円の現金が振り込まれるというわけだ。

現金化はいつでもどこでも簡単に

そして何より魅力なのは、手続きがオンライン上で全てできてしまうこと! 申し込みフォームに必要事項を入力するだけで早い業者では翌日に現金が手に入る。パソコンだけではなくタブレットやスマートフォンでも手続きでき、店舗に利用者が行く必要なんてない。

まあ前提条件として必要なのはクレジットカードを持参していること。これがなければ話は始まらないのだが、まず業者からお金を借りようとしている皆さんならクレジットカードの1枚や2枚は持っているはず。もし持っていないなら1枚くらいは持っていていいと思うので、この際に申請してしまいましょう。

どうやって現金化を利用するの?

クレジットカード現金化って名前だけ聞くとなんだか正規の金融ではないから手続きとか審査とかどうなの? と不安に思うかもしれませんが、利用方法はいたって簡単。

まずは現金化の準備をしよう

まずはインターネット環境を整えましょう。どの企業を利用するかの下調べも必要ですし、申請は基本的にインターネットを通して行います。店舗で手続きをすることもできますが、クレジットカードで購入するときなどいずれにしてもインターネットがつながっていないと厳しいです。スマートフォンでも利用可能なので、ガラ携の人はこの際に買い換えましょう。もしどうしても用意できなければお近くの漫画喫茶を利用しましょう。今の時代ネットがなければできないことも増えていますので、生活必需品として考えてなるべく揃えておくようにしましょうね。
他に電話、身分証明書、自分名義のショッピング残高があるクレジットカードを用意してください。手続きには架空の人物を利用したり不正な融資を避けるためにこれらのものが必要になります。そしてもちろん銀行口座も。これは普通の融資でも同じですよね。何にも本人と証明できるものがなくて、電話もネットもないけど借りたい! なんて甘い考えを持たないでくださいね。貸し出す側が一番恐れているのは借りたお金が戻ってこないこと。貸す相手には必ず担保を持ってもらわなくてはなりません。借りる側としてもちゃんと自分を信頼してもらえるように、その証明ができるものを用意しましょう。
利用するのに必要なものはたったこれだけです。

準備が出来たらネットで業者に申し込み

次に申し込み手順ですが、まず業者を決めたらオンラインで申し込みをします。名前、電話番号、メールアドレス、希望金額、連絡希望の時間帯など簡単な情報を入力し、入力を終えると業者から連絡が入ります。電話では利用内容の確認や本当に利用するかどうかの意思確認が行われます(聞かれずそのまま手続きという企業もあります。途中で心変わりされたり迷われるのは企業側にも不利益ですので)。完了すると業者から商品の指定を受けることになります。業者で決済の確認がとれたら規定の還元率に沿って現金が利用者の口座にキャッシュバック代金として振り込まれます。後日、購入した商品が配送されます。
原則的にはキャッシュバック1回につき商品を1つ購入するという形になります。

どのクレジットカード現金化業者を使うか?

業者選びは慎重に

利用する企業は極力優良店だけを選ぶようにしましょう。優良店とは何か? というと、利用者側に健全な対応をとってくれる企業です。こういう業界なので多少シビアな人たちが集まってはいますが、例えば上から目線で話してきたり、いかにもおっかない人が窓口のところは避けたほうがいいかもしれません。優良店であれば物腰やわらかに、多くの場合は女性が窓口の企業です。利用者を安心させてくれるような対応をしてくれ、丁寧に説明してくれたその企業は信頼できるものだと思います。
なぜ優良店を見極める必要があるか? と言われると、何かとぼったくりの多い業界だからです。悪徳企業があちこちにあり、一度そこを利用してしまうと上手くぬけ出すことも難しくなります。
優良店をあちこち探しまわっている時間がもったいない、とお考えの方。もし適当に選んだ業者が悪徳業者で、お金を損失したのに加えて警察の捜査なり法的な手続きなりして、改めて他の業者を探して手続きして・・・なんてことを考えると、こちらの方が時間とお金の無駄だと思いませんか? こんなことになるくらいなら利用する前からしっかり見極めて、優良店を探して利用した方がプラスなことが多いはずです。だからこそ頑張って探しましょう。

検索順位は基本的には信用できます!

とは言うものの、インターネットで「クレジットカード現金化業者」と検索しましたでしょうか? 90万件以上がヒットしましますよね。この中から優良店を探しだすのはなかなか至難の技です。じゃあどうやって見つけようか、という話なのですが1つ1つのサイトを回る必要はありません。大体1~5ページ以内に出てきたサイトでどこにするか決めてしまいましょう。
サイトが表示される順は決して業者がお金を払ったらトップに来る、というわけではありません。サイトがユーザーからの評価が高く(訪問者数が多いなど)、サイトの内容も良くて検索エンジンからも高評価を得ているものがトップに来るようになっています。つまりトップに来ているサイト程信頼度が高いということになります。一番上に「広告」と書いてあるサイトは課金で上に来ているサイトなので、その下に表示されているものから信頼度順に並んでいるとお考え下さい。
中にはランキング形式のまとめサイトも存在します。サイトごとに色々なランキングが掲載されていると思いますが、そのランキングをまともに捉えるということはやめましょう。「このサイトになるべく来てほしい」と意図的にランキングを作っている場合もありますので、必ずしも客観的評価によるランキングでないことが多いです。そのランキングは無視しろ、というわけではなりませんが、最終的な判断は自分の目で見て決めるようにしましょう。

責任感のない比較サイトに注意!

色々なサイトを巡っていると気づかれると思いますが、現金化業者のサイトにはバナー広告をよく見かけますよね。横や上下に表示され、中にはチカチカ点滅する鬱陶しいバナーやスクロールするとどこまでもついてくるバナーなど、ユーザーがそのサイトを利用するのに有害と思われるバナーも貼られています。そういう「ユーザーにとって優しくない、しつこいバナー」はクリックしないように注意しましょう。悪徳業者にリンクしている場合があります。
これはアフィリエイトサイトと呼ばれるもので、業者がバナー広告をサイト運営者に依頼し、そのサイトに掲載してクリックされたら課金されるという仕組みの広告になります。運営者はそのクリック数に応じて料金を受け取り、業者はクリックしてもらうことによって企業の宣伝効果につながります。なので利益優先させるサイト運営者は無闇やたらにサイト上のバナーを貼っつけます。中には運営者の意図しない広告が散乱しているサイトもありますが、どちらにせよそういったサイトは危険であることが多いので、そのサイト内の情報はまともに捉えないようにしましょう。
手の込んだところでは口コミさえ業者が書き込んで印象操作を行っているところがあります。口コミはその企業を判断する最も大事な要素の1つですが、文章の内容を見て明らかに不自然な記述を見つけたらその情報も信頼してはいけません。ネットは情報に正誤の審査等ありませんので、結構いい加減なことが書かれることが多いです。

  1. ①ページのトップのサイトから見ていく。
  2. ②ユーザーに親切なサイトから候補にする。
  3. ③内容を吟味し最終判断をする。

こんな流れで見ていくと失敗する可能性も低くて済むかもしれません。結局最終的な判断は自分ですることになります。とにかくたくさんサイトを比較してみて、自分が一番信頼できると思った企業を利用しましょう。ネットに書かれている情報だけで判断してしまうと悪徳業者の術中にハマってしまいます。

信頼できるクレジットカード現金化業者比較サイトはこちら

その他の換金方法

他に換金できる方法は?

そもそもクレジットカード現金化の他にどんな換金方法があるか、それと比べてクレジットカード現金化の何がいいかも理解しておきましょう。
まず古くからある方法は、高い商品や商品券・ギフトカードをショッピング枠で購入してそれを中古ショップや金券ショップで売る「買取方式」という換金方法です。この買取式は一旦購入したものをリサイクルショップや金券ショップ、オークションで転売して換金しますが、この方法だと換金率はよくて8割。ほとんどがそれ以下のお金しか戻ってきません。金券などの換金率が高いものはクレジットカード規約で現金化を目的としたショッピングの利用を禁止していますので、判明した場合はカードの利用を停止される可能性があります。また、そもそもオークションで換金しようとすると換金率が低くなるのは当然のことのように思います。利用者はなるべく安いお金で手に入れようと競うわけですから、その商品が品薄で人気が高いといった理由以外は基本的には下がってしまいます。逆にこれから人気が出るであろう商品でオークションを行えば、それだけで利益が発生します。上手くそれで回していければむしろクラジットカード現金も必要ないかもしれませんね。

換金率が保証されたキャッシュバック業者を使おう

さて、このように買取方式だと還元率がまちまちで不安定であまり期待できない方法ですよね。そこでキャッシュバック方式になると、業者からキャッシュバックを受け取る形で一定の還元率が保証されているので還元率が高い業者を利用することによって一定額の現金を手に入れることができるのです。また買取方式と違って一度買った商品を再度換金する手間も省けます。全部がネットで済んでしまう話なので、早い上に楽ですし気軽に利用できます。オンラインなので24時間利用可能ですし、ネットバンクの口座があれば夜でも振り込みがされます。消費者金融とは違い業者から融資を受けるわけではないので特に手続き・審査はいりません。
このよう点からクレジットカード現金化を利用した方がいいことづくしなわけです。

返済は自分のプランでできる!

お金を借りたら当然返さなくてはなりませんね。
クレジットカード現金化はカードで通常のショッピング同様に利用しているので、支払いはカード会社になる。業者に返すわけではないという点が大きいなポイントです。つまり返済時のトラブルは起きない。業者にとってもわざわざ怖い人をつれて駆り立てに行く手間も省けるわけです(笑)
ということは、支払い方法は通常のカード払いと同じく「一括」「リボ」など支払い方法を選ぶことができる。リボだと月々一定の額を返済していくので返済は楽ですよね。長期の分割だと最大24回まで選べますので自分の返済プランに合わせて選択できます、また、まとまったお金が入る予定があれば、金利が無料になる一括払いの方が当然良いでしょう。